社会福祉法人 全国社会福祉協議会・全国母子生活支援施設協議会
全母協について
トップページ > 全国母子生活支援施設協議会倫理綱領 > 全国母子生活支援施設協議会倫理綱領

全国母子生活支援施設協議会倫理綱領

社会福祉法人 全国社会福祉協議会
全国母子生活支援施設協議会

母子生活支援施設に携わるすべての役員・職員(以下、「私たち」という。)は、母と子の権利擁護と生活の拠点として、子どもを育み、子どもが育つことを保障し、安定した生活の営みを支えます。

そのために私たちは、母と子の主体性を尊重した自立への歩みを支えるとともに、常に職員の研鑽と資質向上に励み、公正で公平な施設運営を心がけ、母と子および地域社会から信頼される施設として支援を行うことをめざします。

基本理念

1. 私たちは、母と子の権利と尊厳を擁護します。

パートナーシップ

2. 私たちは、母と子の願いや要望を受けとめ、安心・安全な環境の中で、母と子の生活課題への取り組みを支援し、安定した生活の営みを形成することをめざします。

自立支援

3. 私たちは、母と子の自立に向けた考えを尊重し、その歩みをともにしながら、母と子を支えることをめざします。

人権侵害防止

4. 私たちは、法令を遵守し、母と子への人権侵害を許しません。

運営・資質の向上

5. 私たちは、母と子への最適な支援と、よりよい施設運営をめざすとともに、自己点検をはかり、職員自身も自らを見つめ直し、専門性の向上に努めます。

アフターケア

6. 私たちは、母と子の退所後をインケアからアフターケアをつなぐため、退所計画を作成し、アウトリーチするとともに、地域の社会資源を組み込んだネットワークによる切れ目のない支援を提供することをめざします。

地域協働

7. 私たちは、関係機関や団体とネットワーク形成を図りながら、資源の開発や創生による子育て支援地域づくりを進め、ひとり親家庭のニーズに合わせた展開をすることをめざします。
平成19年4月25日 制定
平成27年5月12日 改定